スポンサーリンク

kubernetes/websiteをHugoで動かすまで

Hugo

はじめに

少し子育てに余裕が出てきて時間が作れるようになりまして、徐々にブログを再開しておいこうと思います。(昨今のリモートワークで通勤しなくなったのも大きい)

 

サイトも少しリニューアルしてみました。

 

今回はkubernetes/websiteをHugoで動かしてみました。

自分用メモです。

参考サイト

github kubernetes

kubernetes/website
Kubernetes website and documentation repo: . Contribute to kubernetes/website development by creating an account on GitHub.
kubernetes/website
Kubernetes website and documentation repo: . Contribute to kubernetes/website development by creating an account on GitHub.

Hugo公式

Install Hugo
Install Hugo on macOS, Windows, Linux, OpenBSD, FreeBSD, and on any machine where the Go compiler tool chain can run.

NodeJSインストール

CentOSにyumでNodeJS最新版をインストール(NodeSource) - Qiita
NodeJSで開発したアプリケーションを運用するために CentOSに最新版(またはLTS)のNodeJSをインストールする手順です パッケージマネージャyumを使ってインストールしたいところですが EPELリポジトリで提供されてい...

前提

awsのec2でcentos7を使用。

go、gitのversionはこんな感じ。

t2.smallだとhugo server立ち上げるときにout of memory言われたのでt2.mediumにして動かしました。

Hugoインストールまで

Hugo公式参考にこんな感じで。

Hugoのversionはこちらで指定されていたのでこの時はv0.74.3を使用。

これで$HOME/go/bin/hugoが出来たのでPATHを通してあげる。

NodeJSインストール

Hugo動かす

 

アクセスは

“http://publicip:1313/”

コメント

タイトルとURLをコピーしました