kubectl get nodeのROLESを埋めてnodeSelectorで使う

スポンサーリンク

はじめに

hardwayで作ったkubernetesですがkubectl get nodeを見てみると

ROLESが<none>になっていました。

今回はこれを埋めてやろうと思います。

おまけでlabelを少しだけ設定します。

参考サイト

こちらを参考にさせていただきました。

解決策

以下のlabelを設定すれば良いみたい。

kubectl label node/master1 node-role.kubernetes.io/master=master1

kubectl label node/worker1 node-role.kubernetes.io/worker=worker1

kubectl label node/worker2 node-role.kubernetes.io/worker=worker2

設定するとこんな感じになります。

bf

af

ちなみにlabelを削除するときはこんな感じ

kubectl label node/master1 node-role.kubernetes.io/master-

kubectl label node/worker1 node-role.kubernetes.io/worker-

kubectl label node/worker2 node-role.kubernetes.io/worker-

nginxのpodをworker2にのみ作られるようにする

おまけとして遊び。

nginxのmanifestはこちらを参考にしました。

これをkubectl apply -f でデプロイすると当然worker2にpodが作成されます。

最後に

kubectl get nodeのROLESにある<none>が気にならないなら普通のlabelでも良いような。

追加

kubectl label node/master1 role=master

kubectl label node/worker1 role=worker

kubectl label node/worker2 role=worker

削除

kubectl label node/master1 role-

kubectl label node/worker1 role-

kubectl label node/worker2 role-

Node AffinityとかTaint/Tolerationとかあって使い分けが大事なんですかね。

小さい構成ならnodeselectorが楽かなって思っちゃうけど。

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする