Raspberry Pi Zero Wのセットアップ

スポンサーリンク

はじめに

ずいぶん前に手に入れたラズパイZeroWをセットアップしました。

そのときの備忘録です。

ネット上ではいろいろな方法が紹介されてますね。

私はHDMIケーブルなし、LANケーブルありでセットアップしました。

参考サイト

こちらのサイト様を参考にさせていただきました。

準備するもの

・Raspberry Pi Zero W

だいぶ手に入れやすくなりましたが、ラズパイ3よりは希少です。

スイッチサイエンスさんが購入しやすいです。

どうしても欲しければPimoroniから買えるみたいです。

私もPimoroniで買うつもりでしたがスイッチサイエンスで購入できました。

・USB-LAN変換(有線LANアダプター)

ネットワークエンジニアなら持ってる人も多いはず?

といっても私は持ってませんでしたがw

何かに役立つと思い一緒に購入しました。

ただラズパイZeroWは無線LAN標準装備なのでセットアップ時以外は使いません。

ですのでこのためだけに購入するのはおすすめしません。

私は試していませんが有線LAN無しでも出来る方法はあるようです。

・microUSB-USB変換

さきほどのUSB-LAN変換とあわせて使います。

ラズパイZeroWはUSBではなくmicroUSBなのでこの変換ケーブルが必要です。

・microSDカード

昔あったものを使おうと思ってたら壊れていたので急遽購入したものです。

無事動いてくれてます。

・microUSBケーブル(電源用)

Ankerのもの。いろんなmicroUSBケーブルを試して辿り着いたものです。

安くて使いやすいので重宝してます。

・microSDカードリーダ

ラズパイ3でも使ったバッファローのSDカードリーダを利用してます。

ですがなぜかEtcherが使えないなどあるのでお勧めしません。

Win32DiskImagerでイメージの書き込みが出来るので問題ないですが。

・PC

Windows10です。

セットアップ手順

・microSDカードの準備

ラズパイ3と同様です。

SD Card Formatterで買ってきたmicroSDカードをクイックフォーマットします。

ラズビアンのイメージは公式からダウンロードします。

Win32DiskImagerでダウンロードしてきたイメージを書き込みます。

この時は2017-11-29-raspbian-stretch.imgを書き込みました。

書き込みが完了するとbootと表示されるドライブが出来るので

ドライブ内に「SSH」と書いたファイルを置きます。拡張子は不要で空ファイルでOK。

終わったらPCから取り外しラズパイZereWに取り付けます。

・PC(windows10)の準備

windows10から接続するのにbonjourというものが必要になります。

なぜか標準装備されてなかったのでこちらからインストールしました。

インストール後、タスクマネージャーのサービスを確認してbonjourがあることを確認します。

・ラズパイZeroWの物理接続

こちらは実際の写真です。

2つのケーブルが接続されてますがこちらはmicroUSBケーブルです。

大切なので左側のmicroUSBが電源右側のmicroUSBがLANケーブルに接続するほうということです。小さく白文字で基盤にUSBとPWRと書かれています。

LANケーブルはPCと直接接続するかHUB経由で同じLAN内にいるように接続します。

・SSHでラズパイZeroWへアクセス

PCからteratarmでSSH接続します。宛先は「raspberrypi.local」でSSHのportはデフォル

の22portです。
接続して少し待つとユーザ名とパスワードを聞かれるのでユーザ名「pi」、パスワード「raspberry」と入力します。うまくいくとラズパイZeroWにログインできるはずです。

・あとはラズパイ3と同じ

あとはラズパイ3で行ったセットアップと同じです。

やったことは

wlanの設定変更

※再起動してwlanで接続できたら以降LANケーブルは不要なので取り外し可能です。

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade

sudo raspi-config

sudo apt-get install tightvncserver

sudo apt-get install vim

日本語設定

SSH設定変更

ここまで設定したらイメージバックアップも同じように取得しておきました。

最後に

以上で初期設定完了です。

快適なラズパイZeroW生活を送れます。

ちなみにGPIOピンを取り付けるキットもピンも手元にあるのですが、

壊れる可能性があることを知ってびびって手を付けてません。

GPIO使うことになったら頑張ろうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする