Raspberry Pi 3とUSBカメラで顔追跡カメラを作る

スポンサーリンク

はじめに

前回、顔追跡をラズパイとカメラモジュールで試してみました。

が、他サイト様のUSBカメラを使った映像と比較すると、

どうももっさりしているというか・・・。。

そこでカメラモジュールをUSBカメラに変えて動作比較してみようと思います。

使用するUSBカメラについて

今回新たに購入したUSBカメラはこちらです。

C270のカメラ単体ではなくモノラルヘッドセットのC270mを買ったのは

たまたま購入時にC270mのほうが安かったからです。カメラ自体は同じもののようです。

C270だけはこちら。

このままではカメラマウントに乗せにくかったので、一部分解しております。

分解後がこちら。

カメラマウントに乗せられないので、こちらの両面テープで貼り付けました。

貼り付けたあとがこちら。

良い感じです!

でもカッコいいのはカメラモジュールですね!(個人の感想)

USBケーブルが長いのはすごくすごく楽です。

カメラモジュールより安いですし!

構成図、回路図

カメラモジュールをUSBカメラに変えるだけなので以前と同じです。

準備

カメラモジュールの場合はbcm2835-v4l2モジュールを読み込みましたが、USBカメラの場合は不要です。

pythonコード

こちらは前回と同じもので動作しました。

動作について

実際の映像がこちら。

使っているのは前回と同じで試供品パンパースに描かれていたかわいい赤ちゃんです。


ちゃんと顔を追いかけています。

こちらの動画ではわかりにくいのですが、カメラモジュールより動作が軽いです。

その分カメラの動きも良いですね。

ラズパイの画面に表示されるストリームも軽いです。

最後に

無事USBカメラでも顔追跡出来ました。

比べてみるとわかりますが、USBカメラのほうが動作が軽いです。

しかもカメラモジュールより安いと言うことなしです!

はじめからUSBカメラ買えばよかった・・・

もしかしたらカメラモジュールの性能を活かしきれていない??

ちょっとわからないですが、特別な設定なく使えるUSBカメラのほうが良いですね。

次回はちょっとしたおまけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする