AE-BME280がTWELITE経由で送るデータをpythonで加工する

スポンサーリンク

前回の続き

前回はTWELITE経由でAE-BME280のデータを取得できることを確認しました。

ですが、動作確認だけで読みやすいデータには出来ていませんでした。

今回はpythonを使ってもう少し読みやすくしようと思います。

今後python3だけで書いていこうと思うのですが、私の環境がイケてないので

とりあえず今回は今使っているpython2とpython3のそれぞれのコードを書いておきます。

使ったversion

python2:Python 2.7.13

python3:Python 3.5.3

準備

pyserialが必要なのでpipでインストールしておきます。

コマンドはこちら。

$ pip install pyserial

でもimport のときはserialとか紛らわしい・・・

python2のコード

60秒間隔でデータが飛んでくるのでtimeoutは70秒にしてます。

ちなみにこのpython2のコードをそのままpython3で実行するとこんなエラーが出ます。

理由はpython3から文字列とバイト列の区別が明確になったためだそうです。。

こちらのサイトを参考させていただきました。

python3のコード

出力結果

投稿直前にとりました。だいぶ見やすくなりましたね。

最後に

とりあえず温度、湿度、気圧が見やすくなりました。

ただこのコードだと1度だけしか取得できないのです。。

何とかループさせて永続的に取得したいんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする