AE-BME280をTWELITE経由で動かす

スポンサーリンク

初めに

ぐぐっていると私の使っているBME280は「AE-BME280」と言うようなので、

今後は「AE-BME280」と書いていきます。

前回ラズパイに直接接続してAE-BME280の動作を確認しましたが、

今回はTWELITEを経由して接続したいと思います。

参考サイト

公式サイトにありますが、ものがAE-BME280ではないようで構成は違います。

出力されるメッセージはこちらの通りです。私は標準出力のまま使いました。

用意したもの

・AE-BME280(半田付け後のもの)

・TWELITE DIP(以下DIP)

・TWELITE R

・TWELITE MONOSTICK

あとは毎度おなじみのこの辺を使います。

・PC

・ブレッドボード

・ジャンパワイヤ(配線)

・電池BOX

・エネループ

・ラズパイ3

構成について

MONOSTICKを親機として使用します。

DIPを子機として使用します。

子機側にAE-BME280を接続し、親機へ温度、湿度、気圧のデータを送ります。

写真、構成図、回路図

親機側はMONOSTICKを接続するだけですので、

ここでは子機側の写真、構成図、回路図を載せます。

設定内容

親機、子機ともに無線タグアプリを使用しました。

使用したのは「App_Tag_bin_2_0_3」です。

子機のDIPに使ったアプリはこちらです。

App_Tag-EndDevice-BLUE.bin(TWELITE BLUE用子機アプリ)

親機のMONOSTICKに使ったアプリはこちらです。

App_Tag-Parent-BLUE.bin(TWELITE BLUE用親機アプリ)

子機の設定内容

子機のDIPについてはOTAで設定変更しました。

設定変更方法についてはこちらを参考にどうぞ。

*** Entering Config Mode ***
--- CONFIG/App_Tag V2-00-3/SID=0x810e2ee6/LID=0x01/RC=10000 ---
a: set Application ID (0x67726305)
i: set Device ID (1=0x01)
c: set Channels (15)
x: set Tx Power (13)
b: set UART baud (38400)
B: set UART option (8N1)
k: set Enc Key (0xA5A5A5A5)
o: set Option Bits (0x00000000)
d: set Sleep Dur (60000)
w: set Sensor Wait Dur (0)
m: set Sensor Mode (0x39)
p: set Sensor Parameter (0)
P: set Sensor Parameter2 ( )
---

変更した箇所は以下の通りです。

各パラメータの詳しい内容は公式HPを参照してください。

i:論理デバイスID

--⇒1:子機の1を選択

d:送信間隔

5000⇒60000:5秒間隔から60秒間隔に変更

m:センサ種別

35⇒39:BME280を表す39を選択

o:オプションビット

11⇒0:親機を無線タグアプリにしたので10は削除。中継機も使わないので1も削除。結果0に

p:センサ固有のパラメータ

15⇒0:BME280の固有パラメータがなかったので0に

親機の設定内容

親機はMONOSTICKです。

--- CONFIG/App_Tag V2-00-3/SID=0x810e2ee6/LID=0x00 ---
a: set Application ID (0x67726305)
c: set Channels (15)
x: set Tx Power (3)
b: set UART baud (38400)
B: set UART option (8N1)
k: set Enc Key (0xA5A5A5A5)
o: set Option Bits (0x00020000)
---
S: save Configuration
R: reset to Defaults

変更した箇所は以下の通りです。

o:オプションビットの設定

1⇒20000:タイムスタンプ出力停止

動作確認

動作確認として子機からデータが届いているかを親機で確認します。

MONOSTICKはWindowsPCに接続するか、ラズパイに接続します。

それぞれの確認方法を載せておきます。

WindowsPC版

MONOSTICKをWindowsPCに接続します。

Teratermから115200でシリアル接続します。

これだけです。あとは60秒間隔で子機からデータが飛んでくるのを確認します。

結果はこちらです。出力内容の説明は参考サイトにある公式HPにあります。

上は 温度:24.49(℃)、湿度:66.53(%)、気圧:1023(hPa)

下は 温度:24.84(℃)、湿度:65.77(%)、気圧:1023(hPa)を表しています。

ラズパイ版

MONOSTICKをラズパイに接続します。

dmesgで/dev/ttyUSB0に接続しているのを確認します。

以下コマンドで待ち受け。

cu -s 115200 -l /dev/ttyUSB0

→Connectedしたらあとは待つだけで60秒間隔で子機からデータが飛んでくるのを確認します。※ただこれやると+~でも戻れないんですよね・・・おかしいな。。

結果はこちらです。

上は 温度:24.29(℃)、湿度:67.47(%)、気圧:1023(hPa)

下は 温度:24.31(℃)、湿度:67.49(%)、気圧:1023(hPa)を表しています。

最後に

無事にTWELITE経由でもAE-BME280のデータ出力を確認することができました!

ただこのままでは温度、湿度、気圧がどんな値なのかよくわからないので

次回はpythonを使って整形するようにしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする