TWELITEのOTA設定を試す

スポンサーリンク

初めに

TWELITEの無線タグアプリを使おうとしたら公式ページにこんな記載がありました。

子機の設定
インタラクティブモードに入るには、M2(TWELITE 2525AはSETピン、TWELITE SWINGはSCピン)をGNDに接続し、電源を投入します。

なんですと・・・?

同じページにある親機と中継機には+++3回でインタラクティブモードに入れるとあるのに子機は今までのやり方では入れないらしい。

記載の通りGNDに接続すればいいのですが、他に方法はないかと探していると便利なものが!

OTA設定

OTAとはOver The Airの略です。
従来は専用ケーブルを接続してインタラクティブモードに入って各種設定を行う必要がありましたが、OTA設定は無線を使ってケーブル不要で設定を行う機能です。

どうやら無線で設定変更できるらしい!

ということで試してみました。

使ったもの

・TWELITE R

・TWELITE DIP(以降DIP)

・MONOSTICK

・電源TAP

・PC

やり方(概要)

公式サイトにある方法まんまです。

流れとしては

・DIPに子機用の無線タグアプリをインストール

・MONOSTICKからOTAを実施してDIPの子機を設定変更する

OTAとしてはこれだけです。

私はこの設定後にMONOSTICKを親機として使いたいので

MONOSTICKに親機用の無線タグアプリをインストール

を最後に実施しています。

また私はDIPをTWELITE Rに接続しましたが、結局DIPに電源が入ればいいはずなので

Rに接続する必要はないはずです。適当にブレッドボードで電池つなげてもできるのでは?

やり方(詳細)

01. まず無線タグアプリをダウンロードして解凍します。私はv2.0.3をダウンロードして使いました。

02. TWELITE RにDIPを接続します。

03. TWELITE RをPCに接続してDIPに子機用の無線タグのアプリを書き込みます。私は「App_Tag-EndDevice-BLUE.bin(TWELITE BLUE用子機アプリ) 」を書き込みました。書き込み方法は過去の投稿を参考にどうぞ。

書き込み後、PCからTWELITE Rを抜きます。DIPはまだTWELITE Rに接続したままです。

04. MONOSTICKをPCに接続し、MONOSTICKにOTA用のアプリを書き込みます。私は「App_Tag-Parent-BLUE-MONOSTICK.bin(MONOSTICK BLUE用子機アプリ)」を書き込みました。これがOTA専用のアプリでただOTAをするためだけにあるアプリだそうです。ということは、子機にも親機にもなれないということか・・・

05. 書き込んだら一度MONOSTICKを抜いてから再度接続します。(MONOSTICKの再起動)

06. Teratarmなどを開いて115200でシリアル接続します。

07. +++でインタラクティブモードになり設定変更を行いSでセーブします。この設定内容が子機の設定になります!

08. MONOSTICKにシリアル接続をしたまま、DIPが接続したTWELITE Rの電源を入れます。このときMONOSTICKとTWELITE R(DIP)は適当に近くに置いておきます。試したところ50cm離れてても普通に通信できてました。

09. TWELITE Rの電源を入れると自動的に先ほどMONOSTICKで設定した内容がDIPに書き込まれます。成功すると以下のログがteratermに出力されます。

※このメッセージ、5秒ごとに出力されます・・・。何度も書き込んでくれているんでしょうかね。。このメッセージ1回でればいいのでMONOSTICKの黄色と赤色LEDが光ってないときに抜きました。

以上でOTAを使用した無線タグアプリ子機設定変更は完了です。

最後に

説明すると長くなりますが実際に手を動かしてみると楽です。

実際の動作確認は次回の投稿で。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする