TWELITEをエネループで動かす

スポンサーリンク

※2017/11/20 写真、構成図、回路図に親機を追記しました。

やりたいこと

TWELITE DIP(トワイライトディップ)を標準アプリで使う場合、省エネ処理を施したけどコイン型電池では5日で力尽きると判明。
さすがに短すぎるのでエネループを使用します。

内容は前回と同じですw

子機の構成図、回路図以外は前回と同様なので省略します。

エネループは1.2[V]

手元にあるエネループは少し古いタイプなのですが1.2[V]あります。
2本で2.4[V]でTWELITE-トワイライトを動かします。
TWELITE DIPが2.3~3.6Vで動作するので十分動くはずです。

写真、構成図、回路図

親機は前回と同様です。子機だけ変わります。

電池BOXは以下を使用しました。

親機

子機

動作確認

問題なく動きました!
よかったよかった。

動画は面倒なので代り映えしないので写真だけあげておきます。

最後に

エネループなら1900[mAh]あるので前回と同じ計算をすると、
1900/1.7≒1117.6時間、だいたい46日くらいはもつ計算になります。
公式HPからの情報だと2100回充電できるので
46×2100/365≒265年は使えますね!(爆
※手元にあるエネループは少し古いものなのでそんなに持たないと思いますが
ま、そんなに使うわけないかw

前回の投稿に頂いたコメントの通り、計算間違いをしていました。申し訳ございません。。

1900[mAh] / 0.00830[mA(ave)] = 228916[h] = 9538[day] = 26.13[year]

ということで26年持つことになりますね・・・

(自然放電とかあるからもっと短くなると思います)

26年後か・・・先にほかの部品が逝く気がするw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする