NTT東西のサービス情報サイト接続方法について

スポンサーリンク

※ 2017/12/23追記:西のv6サイト確認

はじめに

今回はNTT東日本、西日本のサービス情報サイトの接続方法をメモとして残しておきます。

ちなみにいままで書いてきたラズパイとは何の関係もありません。

VPNワイドを使うために調べたものを残しておきます。

久々にネットワークエンジニアっぽい内容だ!w

そもそも

NTT東日本、西日本のそれぞれの以下サイトに詳しく載っています。以下はそのサイトから得られる情報をまとめただけです。

【東日本】

【西日本】

注意事項

※このあとの内容はONU直結でPCを接続することを前提としています。

※フレッツ光ネクスト前提です。光ネクスト以外はNTT東西のサイトを確認してください。

※NTT西日本のサービス情報サイトなどについては、私が東日本在住のためアクセスする方法がなく、確認できておりません。。そのためとくにNTT西日本については参考までにとどめてください。西日本についてはこちらのサイトが参考になります。

サービス情報サイト、カスタマコントロールの違い

まず接続するのはサービス情報サイト。
そこからサービスお申し込みのご案内サイトに飛び、
ここのVPNワイドを選択してからようやくカスタマコントロールに行けます。

各サイトはそれぞれできることが違います。詳しくは各NTTのHPを参照してください。

【東日本】

【西日本】

ちなみに東日本のサービス情報サイトはこんな感じのサイトです。

NTT東日本のサービス情報サイトへの接続方法

v4接続

PPPoE接続を作ります。
「ネットワークと共有センター」で「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。「インターネットに接続します」→「いいえ、新しい接続を作成します」→「ブロードバンド(PPPoE)(R)」をクリックして以下内容を設定します。
ユーザ名:guest@v4flets-east.jp
パスワード:guest

上記設定を使い接続後に以下にアクセスします。

http://v4flets-east.jp/

v6接続

ONU直結で接続してcmdからipconfigでv6が見えていることが前提です。

接続後に以下にアクセスします。

http://flets-east.jp/

NTT西日本のサービス情報サイトへの接続方法

v4接続

PPPoE接続を作ります。
「ネットワークと共有センター」で「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。「インターネットに接続します」→「いいえ、新しい接続を作成します」→「ブロードバンド(PPPoE)(R)」をクリックして以下内容を設定します。
ユーザ名:flets@v4flets-west.jp
パスワード:flets

上記設定を使い接続後に以下にアクセスします。

https://www.v4flets-west.jp/

v6接続

これがわからない・・・

確認が取れたら追記します。

NTT西日本のサイトで探すとこちらに、サービス情報サイトの申し込み受付ページ(http://flets-west.jp/wso/)として記載があります。

注意事項でリンクさせていただいた参考サイト様にも以下URLがあるのでこちらだと思います。いつか西日本に行ったときに確認したい。。

大阪に行く機会があり確認したところこちらのURLでアクセスできました。

http://flets-west.jp/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする